2017年10月
リーダーシップとフォロワーシップ

2017年6月24日、東京目黒雅叙園にて開催された一般社団法人日本女性薬剤師会創立50周年記念祝賀会に招待された。日本女性薬剤師会は1966年(昭和41)に日本女子薬剤師会として創立され、初代会長の秋島ミヨ氏と現会長の近藤芳子氏の2代で、各都道府県に支部組織団体を有し、会員13,000人の強力な女性職能団体に育てあげられたのである。

当日は、参議院議員、厚生労働省、消費者庁、日本薬学会、日本薬剤師会、日本病院薬剤師会、薬学教育評価機構、東京薬科大学等の政界、学会、大学の重鎮に相見え、近藤会長をはじめ主催者の方々と親しくお話しする機会となった。来賓のご挨拶は、これからの日本には豊かな感性とコミュニケーション力を備えた女性薬剤師の活躍が欠かせないことと、それを築いた近藤会長のリーダーシップへの賛辞がそれを語っていた。

祝賀会では、1982年(昭和57)に発表された日本女子薬剤師会の歌が披露された。女性薬剤師のプロフェッショナルとしての志があふれたこの歌が、会員の結束力の源となっていると感じ入った。歌詞を紹介させていただく。

1.医薬の業を天職と
  学び修めてこの道へ
  生命に尽くす職能を
  健く掲げん誇らかに
  我等日本女子薬剤師会
2.理想に燃えて愛の灯を
  あまねく広く大洋へ
  福祉と医療に女性われ
  意気を示さん高らかに
  我等日本女子薬剤師会
3.津々浦々に相い集い
  くすしの使命永遠に
  今日も明日もひたすらに
  共に歩まん愛の道
  我等日本女子薬剤師会

日本最初の女性薬剤師である岡本直栄氏は、1985年(明治18)の東京薬舗大学(現東京薬科大学)第2回卒業生名簿にその名が記載されていることを知った。荻野吟子氏が日本最初の女性医師となったのと同じ年である。女性薬剤師と女性医師の大先達二人は、時を同じくして厳しい男女差別のなかで孤軍奮闘の活躍を始めたのである。

リーダー一人では何もできないが、一方でリーダー無くしても物事は進まない。女性薬剤師としての確固たる目標に向かった強い結束が基盤となって、お二人の会長のリーダーシップと、それを支えるフォロワーシップによって築かれた日本女性薬剤師会であることを痛感した。

代表理事 津田喬子